延命より苦痛の軽減を重視するのが緩和ケア


延命より苦痛の軽減を重視するのが緩和ケア

肺がんが進行していくのに伴い、
延命と結びつく治療はどんどん少なくなりますが、
苦痛を軽減することで患者さんは
より快適な生活を送ることができます。
そのように、苦痛の軽減を中心とした医療を
緩和ケアと呼んでいます。

かつて、がんの終末期は苦しむものだと
思われていた時期もありましたが、現在、
ほとんどの苦痛を緩和する方法があります。

患者さんのQOLを重視する医療が世界的に普及した背景には、
WHO(世界保健機関)が1989年に発表した
緩和ケアの定義があります。

これによると、身体的な苦痛だけでなく、
心理的な苦痛、社会的な問題、
スピリチュアルな問題を解決することも
重要な課題であるとされています。

・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちら
がんを治すための「たった1つの条件」とは?




----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式