肺がん治療 せきや呼吸困難に対しては酸素療法を行うことも


肺がん治療 せきや呼吸困難に対しては
酸素療法を行うことも

呼吸困難に対しては、ステント治療や
レーザーなどでの焼灼療法ができないときは、
モルヒネや抗不安薬、ステロイド薬などを服用したり、
高濃度の酸素を吸入する酸素療法を行うこともあります。

特に、COPD(慢性閉塞性肺疾患)などの
肺の病気を持っている人は、肺の切除により
呼吸困難を起こしやすくなりますが、
酸素療法を行うことで、自宅でも生活することが
できる場合があります。

そのような人には、医師が在宅酸素療法を
指導することもあります。

外出もできるタイプの酸素ボンベもあるので、
希望する場合は相談してみましょう。

また、せきには鎮咳薬や去痰鎮咳薬、気管支拡張薬、
モルヒネなどを服用したり、ネブライザーという器具を
使って局所麻酔薬を吸入することで対処します。

・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちら
がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式