胸水を改善するための治療法


胸水を改善するための治療法

肺がんでは胸水もよくみられる症状です。

胸水が多くなると周囲を圧迫するので、
痛みや呼吸困難を引き起こします。

胸水の改善には、まず、胸腔に管を挿入して
液体を体外に排出する胸腔ドレナージを行います。

その後、肺のふくらみを見ながら、
肺と胸壁の間にやけどを起こさせて、
空洞をなくす胸膜癒着術を行うこともあります。

これは胸腔ドレーンからOK432(商品名ピシバニール)という
溶連菌からつくった薬や抗生物質や抗がん剤などを注入します。

がんが進行したり、抗がん剤の副作用があらわれると、
食欲不振や吐きけもよく起こります。

食欲不振にはステロイド薬が使われることがあり、
吐きけには、制吐薬を使います。

・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちら
がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式