肺炎になった場合の対処


肺炎になった場合の対処

肺炎の多くは、患者の免疫力の低下によって、
細菌感染することで発症します。

酸素を血液中に取りこむのは肺のなかの肺胞の部分ですが、
肺炎になるとこの肺胞が破壊されるために、
血液中の酸素が欠乏し全身の細胞へ酸素がまわらなくなり、
やがて死に至ります。

肺炎になった場合には、呼吸困難のところで紹介したように、
肺から少しでも多くの酸素を取り入れるような
治療を行なうと同時に、細菌感染に対抗できる抗生物質を
使用することが治療の柱となります。

原因となっている細菌がわかっている場合には、
抗生物質の選択に問題が生じませんが、
検査をしてもなかなかはっきりとわからないことも少なくありません。

そうした場合には、幅広い効果をもつ抗生物質を使用します。

急性の炎症反応を抑える薬としてはステロイド剤がありますが、
これは免疫力をさらに落とす副作用がありますので注意が必要です。

緊急を要する場合にのみ、その細菌に有効な
抗生物質と一緒に使用することが重要です。

白血球が減少している場合には、
白血球を増加させる薬や免疫力を高める薬を使う必要もあります。


・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、
代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを治すための「たった1つの条件」とは?




----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式