肺がん手術後の再発チェックと検査


肺がん手術後の再発チェックと検査

がんの治療、とくに外科治療においては、
手術が終着点ではありません。

再発の心配がありますから、むしろ、
完治というゴールをめざしての出発点が
手術ということになります。

そこで大切なのが、手術後のフォローアップです。

肺がんの場合は、最低でも5年間が目安になります。

その間、どれくらいのペースで通院し、
再発のチエックを行うかについては、
病院によって差がありますが、
あるがんセンターの場合は、次のようになります。

まず手術後、通常は7日日に退院を迎えます。

退院後、初めは2週おきに1~2回、
通院することになります。

その後、通院の間隔を1カ月、2カ月と延ばします。

この間、最初の3カ月は手術によるダメージからの
回復具合をチェックすることが主眼になります。

そして3カ月を過ぎると、ほぼ、からだはもとの状態に
戻ったと考えます。

そのため、3カ月以降は、
再発のチェックが診察の中心になります。

ここまでくれば、あとは3カ月おきの通院になります。
術後2年日以降も、おおむね3~4カ月に
1度の間隔で通院します。

これを5年目が過ぎるまで、続けることになります。


・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちら
がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式