肺がんは患者を総合的に支援する仕組みが必要に


肺がんは患者を総合的に支援する仕組みが必要に

患者さんが感じるすべての苦痛に対して、
それを和らげ、癒すための全人的な医療が
求められています。

ターミナルケアという狭い意味ではない、
がんと診断された時点からの広い意味での緩和医療です。

とくに肺がんは、現在のところ残念なことに、
最善の治療を施しても最初の段階で
すでにがんを治しきれなかったり、
一度は治まっても再発する可能性の高いがんです。

完全に治すことができるのは
患者さん全体の2~3割にすぎません。

7~8割はできる限りを尽くしても
完治させることはできません。

難治がんといわれるゆえんです。

そういう悲観的な状況で、
がんそのものの苦痛だけでなく、
治療に伴うさらなる痛みに耐えながら
治療を続けなくてはなりません。

経済的、杜会的問題を解決し、
スピリチュアルベインとも
向き合わなければなりません。

患者さんひとりでは容易なことではありません。


・・・

「がんの再発を防ぎ、克服するためには?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちらのページで。
がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式