肺がんの手術後は呼吸の練習を


肺がんの手術後は呼吸の練習を

胸部の手術のうち、肺がんの手術で
肺を部分的に切除したあとは、
小さくなった肺で十分に酸素を取り込めるよう、
呼吸の訓練が必要です。

鼻からゆっくりと探く息を吸い込みながら
腹部をふくらませ、口をすぽめながら
ゆっくりと息を吐いて腹部をへこませます。

この腹式呼吸の練習を1日3回以上
(1回の練習で呼吸を1O回程度)、
毎日行なうとよいでしょう。

また、呼吸困難を防ぐため、肺の中のたんを
吐き出す練習も行ないます。

どちらの練習も入院中から少しずつ行ない、
退院後も続けます。

さらにふだんの生活では、必ず禁煙するとともに、
呼吸器感染症を予防するため、
空気の乾燥や人混みは避けるよう注意します。

・・・

がんを、どうしたら治せるのか!?

がん治療の真実と、
治すための【5つのステップ】とは?

詳しくはこちらの無料レポート

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式