肺の機能不全による呼吸困難とはどのような状態か


肺の機能不全による呼吸困難とはどのような状態か

肺がんにより肺の機能が低下すると呼吸困難に陥ります。

呼吸困難によって酸素が不足することで
もっともダメージを受けるのは脳細胞と心臓の筋肉の細胞です。

ですから、酸素不足に陥ると、
まず脳細胞が死滅し脳の活動が停止します。

そのあと心臓が停止します。

こうした呼吸困難に陥ったときにとる処置としては、
つぎのようなことが挙げられます。

まず最初にすることは、酸素吸入です。

空気中の酸素の濃度が高ければ高いほど
血液中の酸素濃度は高くなります。

つぎに、血液を送り出す心臓の力が弱い場合は、
強心剤を使用します。

出血がある場合には輸血をします。

貧血状態であれば赤血球を補給します。

異物や腫瘍が気道を詰まらせている場合には
それらを取り除き呼吸ができるようにします。

肺の機能が低下してきた場合には、
人工呼吸器を取りつけます。

ただし、最終段階に至ったとき、
鼻や口から気管のなかに気管カテーテルを挿入します。

人の呼吸に合わせ、機械が加圧して補助しますが、
この状態では麻酔薬を必要としますので意識はありません。

したがって、呼吸困難による苦しみを取る最終的な処置です。


・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、
代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを治すための「たった1つの条件」とは?




----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式