肺がん再発検査は胸部X線写真と腫瘍マーカーで


肺がん再発検査は胸部X線写真と腫瘍マーカーで

肺がん手術後の再発のチェックとして、必ず行うのは、
胸部X線写真と腫瘍マーカーです。

1年が経過した節目の診察では、胸部CTが加わります。

ただし、手術時の肺がんの進行度と組織型によっては、
この限りではありません。

たとえば、喫煙歴があり、肺門部に発生した
扁平上皮がんの患者であれば、
喀痰細胞診の回数を増やし、少なくとも1年に1度は、
気管支鏡で気管支の内腔を調べることになります。

・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちら
がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式