早期肺がんの放射線治療後の5年生存率


早期肺がんの放射線治療後の5年生存率

2007年に、肺がんの病期(ステージ)が
IA、IB(両方とも早期がん)で
定位放射線治療を受けた患者の五年生存率が、
手術と匹敵することが発表されました。
(山梨大放射線科による)。

対象となったのは、手術が選択可能だったにもかかわらず
定位放射線治療を受けた患者さんです。

内訳はIA期の患者が65人で、
IB期の患者が22人でした。

その五年生存率はIA期が76%、IB期が64%。
手術の五年生存率はIA期が約80%、
IB期が約66%といわれているので、
定位放射線治療と手術には成績の差はほとんどない、といえます。


・・・

がんを、どうしたら治せるのか!?

がん治療の真実と、
治すための【5つのステップ】とは?

詳しくはこちらの無料レポート

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式