肺がんの5年生存率は?


肺がんの5年生存率は?

肺がんは世界中で多くの死亡者を出している、
難治がんといわれている種類のがんです。

その理由として、以下の三点があげられます。

①早期に発見される人が少ない。

②効果のある治療法が少ない。

③肺がん治療のスペシャリスト(専門医)が少ない。

早期発見が少ないのは、肺がんの症状で
「何か変だ」と思って受診した場合、
ほとんどが進行がんになっていることが多いのです。

また、肺がんの治療のスペシャリストとして、
日本呼吸器外科学会が認定している指導医は、
日本にわずか500人です。

そして、肺がん治療の第一選択肢は、
小細胞肺がんを除いて、多くは手術になります。

この手術の適応からはずれると、
がん細胞を減らす手立てとしては、
極めて状況は厳しくなるのです。


事実、日本では肺がん患者の
約20%しか手術を行うことができません。

もちろん、手術を受けられたからといって
五年生存が可能かとなると、その点も、また難しいのです。

肺がんの進行度合で「1期」「2期」、
いわゆる早期肺がんのケースで
五年生存率は約50~75%、
進行がんとされる「3期」「4期」となると
約25~40%となります。


・・・

がんを、どうしたら治せるのか!?

がん治療の真実と、
治すための【5つのステップ】とは?

詳しくはこちらの無料レポート

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式