非小細胞肺がんの抗がん剤治療後の生存率(死亡率)


非小細胞肺がんの抗がん剤治療後の生存率(死亡率)

非小細胞肺がんの抗がん剤による
ファーストライン(第一選択)化学療法は、
「シスプラチン」、もしくは
「カルポプラチン」をメインにして、
第三世代抗がん剤の「イリノテカン」
「ドセタキセル」「パクリタキセル」「ゲムシタピン」
「ピノレルピン」などを組み合わせての
「二剤併用療法」が標準です。

とはいえ、二剤の組み合わせによる治療効果には
科学的根拠のある有意な差はありません。

たとえば、「シスプラチン」+「パクリタキセル」の
TP療法の場合、Ⅲ期(進行がん)以上のがん病巣の縮小効果は
21.3%、一年生存率は31%、
同じく「シスプラチン」+「ゲムシタピン」のGP療法の場合、
がん病巣の縮小効果は21.0%、一年生存率36%といった効果です。

この場合の縮小効果があったとされるのは、
少しでもがん病巣が小さくなれば
カウントするのではありません。

がん病巣が半分以下に縮小し、
それが一か月以上続いたときに初めてカウントされます。

どの組み合わせも縮小効果は約20%前後、
一年生存率は30%を超えている程度です。

・・・

がんを、どうしたら治せるのか!?

がん治療の真実と、
治すための【5つのステップ】とは?

詳しくはこちらの無料レポート

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式