小細胞肺がんの抗がん剤治療後の生存率は?


小細胞肺がんの抗がん剤治療後の生存率は?

肺がんの中で、放射親療法と
化学療法(抗がん剤治療)の効果の大きい「小細胞肺がん」。

がんが胸腔内にとどまっている限局型では
その両方の治療を併用しますが、
胸腔内を超えた【進展型】では
化学療法の単独治療となります。

進展型小細胞肺がんは、非小細胞肺がんの
病期(ステージ)に置き換えると4期となります。

治療はきわめて厳しい中、
標準治療として広く行われているのは
抗がん剤の「シスプラチン(CDDP)」と
「イリノテカン」との多剤併用化学療法です。

これは1コース三週間として治療が行われます。

一週目の一日目にはシスプラチンと
イリノテカンを投与し、
シスプラチンはその後は使いません。

一方、イリノテカンは二週、
三週目の第一日目に投与します。

これと同じ投与法で2コース、
3コースを続けることになります。

継続回数は抗がん剤による効果と
副作用をみながら判断します。

この多剤併用化学療法で
がんがほぼ消失するケースは、
現在報告されている数字では約10~20%と少ないのが現状です。

また、がんが半分以下に縮小するケースは
約70~80%となっています。

がんが消失するケースが10~20%とはいっても、
その後、多くのケースで再発がみられるため、
現実的には厳しい状況といわざるを得ません。

当然、生存率も厳しく、
進展型は一年生存率が約50%、三年生存率は
最高の数字をあげても約10%です。

・・・

がんを、どうしたら治せるのか!?

がん治療の真実と、
治すための【5つのステップ】とは?

詳しくはこちらの無料レポート

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式