国立病院機構埼玉病院|前立腺がんの名医・有名病院


前立腺がんの名医・有名病院
国立病院機構埼玉病院
門間哲雄医師

■住所

埼玉県和光市諏訪2-1

■実績・成績

前立腺がん根治的全摘術23例、
前立線がん1I-125小線源治療88例、
前立腺肥大症TUR-P46例、
膀胱がんTUR-BT52例、
腎がん根治的摘除術11例など(2008年)。

■治療の方針と詳細

門間医長は、国内での小線源治療の開始から
本治療にかかわってきた。

前任地の国立病院機構東京医療センターにおいて、
スタッフとともに500例以上の治療経験を積んだのちに、
2007年1月から同院でこの治療をスター卜させた。

09年4月には同院でこの治療を受けた患者は200例になる。
術中計画法のメリットを生かして、
治療効果を高めると同時に
副作用を軽減するように心がけており、
経過は順調である。

誰にでも小線源治療を勧めるわけではない。

同じ種類の病気でも、どの治療を選択するかは
病気の状態や患者の状態、患者自身の考え方、
生き方によって違うので、
選択肢はたくさんあったほうが
よいというのが同医長の考え方。

小線源療法も選択肢の一つ。

小線源治療に限らず、最終的に患者自身が納得して
自分に合った最適な治療を選択できるように
サポー卜することを心がけている。

・・・

がんを、どうしたら治せるのか!?

がん治療の真実と、
治すための【5つのステップ】とは?

詳しくはこちらの無料レポート

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式