東京厚生年金病院|前立腺がんの名医・有名病院


前立腺がんの名医・有名病院
東京厚生年金病院
赤倉功一郎医師

■住所

東京都新宿区津久戸町5-1

■実績・成績

体外衝撃波結石破砕術240例、経尿道的膀胱腫瘍切除術52例、
経尿道的前立腺切除58例、前立腺全摘除術20例、
膀胱全摘除8例など(赤倉部長・2007年)。

■治療の方針と詳細

間欠的ホルモン療法は、進行前立腺がんの治療に
行われていたホルモン療法の欠点を補うために開発され、
国際的に高い評価を得ている。

赤倉部長は前立腺がんの手術と放射線療法の比較、
重粒子線治療、無治療経過観察などについても、
厚生労働省班会議のメンバーであり、
多くの診療実績がある。

前立腺がんのほか、前立腺肥大症、
尿路結石についても数多くの症例をこなし、好成績。
ホルモン療法を行うと効果が表れ、
PSA(前立腺特異抗原)の値が下がる。

下がりきったところで今度はホルモン療法を中断し、
その後再開する。

こうしてホルモン剤の効き目をより長く
持続させようという方法が
「間欠的ホルモン療法」である。

ほかにもQOLの向上、副作用の軽減、コスト減、
がん細胞の縮小というメリットがあり、
同部長は積極的に取り入れて順調な成績を残している。


・・・

がんを、どうしたら治せるのか!?

がん治療の真実と、
治すための【5つのステップ】とは?

詳しくはこちらの無料レポート

がんを治すための「たった1つの条件」とは?




----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式