胃がんに効く・胃がんに良い食材「緑茶とカテキン」


胃がんに効く・胃がんに良い食材「緑茶とカテキン」

緑茶に含まれるエピガロカテキンガレートが、
食道や胃のがんの予防に有効だという
実験データがあります。

また、お茶をよく飲む地方である、
静岡県は胃がんの発生率が低いことで
知られています。

過去、静岡県立短期大学の
小国伊太郎教授(当時)が
発表した研究報告に、注目が集まりました。

小国教授は、県内でも胃がんの発生率が最も低い
静岡県内の3つの町(中川根町、本川根町、川根町)の住民を対象に、
調査を行ったところ、彼らが毎日、
緑茶をたくさん飲んでいるということがわかったのです。

当時の全国の平均胃がん発生率を100%とすると、
中川根町の胃がん発生率は、男性が20.8%、女性が29.22%と、
大幅に下回っていました。

これらのことから、緑茶、緑茶に含まれる
カテキンが胃がんに効果があるのでは、と言われています。

・・・

どうすれば、がんを治せるのか!?

がん治療の真実と、
治すための【5つのステップ】とは?

詳しくはこちらの無料レポート

がん治療で「絶対に」やってはいけないことは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式