胃がんに効く・胃がんに良い食材「たんぱく質」


胃がんに効く・胃がんに良い食材「たんぱく質」

今は、肺がんや大腸がんが増えていますが、
かつて日本人に最も多いがんといえば、胃がんでした。

日本型の食事は塩分のとりすぎになりやすく、
食塩は胃粘膜を保護するムチンを溶かしてしまう作用があるため、
保護を失った胃壁は、発がん物質の攻撃をもろに受けやすいのです。

逆に「たんぱく質」には、
胃粘膜を保護する作用があり、
発がん物質の攻撃から胃を守ってくれます。

たんぱく質が多いからといって
乳製品や肉類を多く摂ると
大腸がんの原因になる可能性があるので、
植物性のたんぱく質や、魚のたんぱく質などを
摂るようにすると良いでしょう。


・・・

どうすれば、がんを治せるのか!?

がん治療の真実と、
治すための【5つのステップ】とは?

詳しくはこちらの無料レポート

がん治療で「絶対に」やってはいけないことは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式