胃がんに効く・胃がんに良い食べ物「にんにく」


胃がんに効く・胃がんに良い食材「にんにく」

にんにくの発がん抑制効果が注目されるきっかけとなったのは、
10年ほど前にアメリカと中国が共同で行った疫学調査です。

それによると、にんにくを年間1.5kg食べている人は、
ほとんど食べない人と比較して、
胃がんの発生率が半分も抑えられていたことが
分かったのです。

イタリアの疫学調査でも、ほぽ同様の結果が得られました。

その後に行われた数々の調査・研究からも、にんにくががん、
なかでも胃や大腸など消化器系のがん予防に
有効であるという報告がなされています。

また、にんにくを食べると、
胃がんや胃潰瘍の発生原因として注目されている
ヘリコバクター・ピロリ菌の感染が防げるという
報告もありました。

では、にんにくのどんな成分ががん予防に働くのでしょうか。

にんにくの特徴である、強烈なにおいの正体は、
アリシンなど数十種類のイオウ化合物ですが、
これが強力に殺菌するだけでなく、
がん予防に有効に働くと考えられています。


・・・

どうすれば、がんを治せるのか!?

がん治療の真実と、
治すための【5つのステップ】とは?

詳しくはこちらの無料レポート

がん治療で「絶対に」やってはいけないことは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式