胃がんの抗がん剤治療の目的と3つの方法


胃がんの抗がん剤治療の目的と3つの方法

胃がんの化学療法(抗がん剤治療)の方法には、
3種類あります。

まず、ガンが高度に進行しており、
治癒を目的とする手術ができない患者に対して
行う化学療法があります。

これは、手術前に抗がん剤を投与してガンを縮小させ、
手術の効果を高めることを期待するもので、
「手術前治療」と呼びます。

次に、手術後の残存した少量のガン細胞を殺し、
ガンの再発を予防することを目的とする化学療法が、
「術後補助化学療法」です。

3番目は、再発した胃がんや、
手術が不可能の状態で発見された
高度進行胃がんに対して、延命を図ったり
症状を緩和することを目的に行う化学療法です。

これらのうち、その効果がは
っきりと証明されているのは、
3番目の進行再発胃がんに対する抗がん剤治療だけです。

この治療方法は、抗がん剤投与を行わずに、
もっともよいと考えられる「支持療法」
(生活の質を損なうガンの症状や治療の副作用を緩和
または除去する治療)だけを行った場合との比較試験により、
生存期間を延長できることが、
複数の欧米の臨床試験で証明されています。


・・・

がんを、どうしたら治せるのか!?

がん治療の真実と、
治すための【5つのステップ】とは?

詳しくはこちらの無料レポート

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式