胃がん治療で抗がん剤を行うのはどんな場合?


胃がん治療で抗がん剤を行うのはどんな場合?

胃がんにおいて化学療法(抗がん剤)を行うのは
がんが転移により広がった病状の場合です。

胃がんの転移とは
胃から離れてがんが飛び火することです

よく転移しやすい場所は
リンパ節・肝臓・腹膜(腹水)です

もともと胃から発生したがんが
肝臓や肺など、とくに胃から遠い所に飛ぴ火した場合は
遠隔転移といいます

遠隔転移は血液やリンパの流れに
がんが流されるなどした結果おこるものです

こうした遠隔転移はlcm以上の大きさに育つまでは
検査でもわかりにくいため
どこか1カ所にでも見つかった場合は
検出できない小さな遠隔転移は
それ以上に隠れている場合が多いと考えられます

現在検査でわかったがんをとりのぞくために
内臓を削って切除することだけでは
必ずしも長生きにつながりません

ですから原則として遠隔転移がある場合は
散ったがん全体への治療が必要なため
化学療法を行うことになるのです.

・・・

がんを、どうしたら治せるのか!?

がん治療の真実と、
治すための【5つのステップ】とは?

詳しくはこちらの無料レポート

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式