胃がんに使われる抗がん剤の副作用とは?


胃がんに使われる抗がん剤の副作用とは?

抗がん剤は、胃ガンを縮小させたり
生存期間を延長させたりする
作用をもっているものの、
同時に正常な細胞をも攻撃するため、
必ず副作用がともないます。

抗がん剤の副作用は、ガン細胞と同様、
遺伝子の本体であるDNAの合成をきかんに行っている
臓器に起こります。

そのため、おもに血液をつくる骨髄と、
つねに新たな細胞をつくって損傷した組織の修復を行っている
消化管に、より強く副作用が出ます。

血液に対する抗がん剤の毒性としては、
白血球や血小板を減少させる作用として強く現われます。

これらの副作用は患者がすぐに自覚することがないため、
血液検査で判定する必要があります。

抗がん剤の副作用で白血球が減ると、
患者は細菌感染に弱くなります。

そのため、他人との接触を減らすなどの予防策をとり、
同時に、白血球の著しい減少に対しては、
白血球を増やす薬を投与したりします。

消化管における副作用には、
食欲不振、吐き気、嘔吐、下痢、口内炎などがあります。
このうち吐き気に対しては、すぐれた
吐き気止め(制吐剤)が開発されており、
最近では予防的に投与されるようになっています。

これら血液と消化管に対する毒性以外にも、
抗がん剤には、肝臓・腎臓・心臓などの重要な
臓器に対する毒性や、脱毛・色素沈着・神経毒性などの
副作用も発現します。


・・・

がんを、どうしたら治せるのか!?

がん治療の真実と、
治すための【5つのステップ】とは?

詳しくはこちらの無料レポート

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式