胃がんで抗がん剤治療が選択されるケース


胃がんで抗がん剤治療が選択されるケース

手術で病巣を取り除くことがむずかしい場合、
患者さんの全身状態をみながら、
化学療法を中心にした治療が可能かどうか
決めていきます。

・非治癒的切除のあと

・ガンが離れた臓器(肝臓、腹膜、骨髄など)
 に転移していて、手術する意昧がない

・手術後の再発

・全身状態が、比較的良好に保たれている
 (身のまわりのことは自分ででき、起きていられる時間のほうが長い)

・骨髄機能(血液をつくる働き)や肝機能、腎機能に問題がない

・患者さん自身が自分の状態を理解し、
 積極的な治療を希望している

↓ 

化学療法を中心にした治療の開始

治療せずに放置しておけば、ガンは増殖し、
広がっていってしまいます。

そこで、抗ガン剤を使いながら、
ガンの縮小や増大の抑制をはかります。

手術で取りきれる程度にまで縮小すれば、
その段階で、切除手術を実施することが
可能なこともあります。


・・・

がんを、どうしたら治せるのか!?

がん治療の真実と、
治すための【5つのステップ】とは?

詳しくはこちらの無料レポート

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式