胃がんにおける抗がん剤治療の効果は?


胃がんにおける抗がん剤治療の効果は?

近年は新しい抗がん剤が出てきて、
効果も上がっていることから、
化学療法も積極的に行われるようになっています。

手術で非治癒切除、あるいは切除不能などで
がんが残存している場合や、
再発の場合に化学療法が行われます。

しかし化学療法だけでの完全治癒は、
現時点では望めません。

胃がんにおける化学療法は、進行を遅らせることと、
生存期間の延長がおもな狙いとなっています。

最近は、早期に発見される患者が
胃がん全体の約50%を占めるようになり、
縮小手術が増加しています。

縮小手術とは、術前の化学療法によって
がんを小さくして行う手術や、
リンパ節郭清を控えめに行う手術です。

治療が困難と考えられていた進行がんに対しても、
有効なケースが見られるようになっています。


・・・

がんを、どうしたら治せるのか!?

がん治療の真実と、
治すための【5つのステップ】とは?

詳しくはこちらの無料レポート

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式