胃がんの抗がん剤治療の効果と目的


胃がんの抗がん剤治療の効果と目的

胃がんの治療は、基本的に手術で
がんを切除することです。

日本では手術後の補助化学療法は
それほど一般的ではなく、進行がんでも、
手術のみで治療が終わることが少なくありません。

胃がんに対する化学療法は、
おもに切除ができない症例に対して用いられます。

胃がんの化学療法の目的は以下の通りです。


①手術後の再発を予防し患者を完治に導く

いま、手術後の補助化学療法は、
臨床試験として行われています。

②手術で完全にがんを切除するために、
 手術前に化学療法でがんを縮小させる

これは最近、胃がんに対しても始まった
術前化学療法です。

診断時には完全な切除は困難でも、
化学療法によってがんが縮小すれば
がんを完全に切除でき、治癒に至ることがあります。

化学療法と放射線治療を組み合わせた
術前補助療法を行うこともあります。

③がんの進行を止めて延命を図る、
 または痛みなどの症状を緩和する

・・・

がんを、どうしたら治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、
代替療法を受ければ・・・

本当にがんは治せるのか?

詳しくはこちらのページで

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式