胃がん抗がん剤治療の課題


胃がん抗がん剤治療の課題

胃がんは、これまで抗がん剤が効かないとされてきた
がんですが、最近になって効果の高い抗がん剤が
複数登場しました。

しかしこの進歩に臨床の現場はなかなか追いつけず、
補助化学療法も、切除不能ながんに対する化学療法も、
標準的な投与法が確立していません。

現状は、新薬や新しい投与法を
取り入れている医療施設でも、
それぞれの考え方に基づいて
投与を行っている状況です。

現在、胃がんの化学療法に関する
複数の臨床試験が進められています。

これらの臨床試験の結果が総合されれば、
胃がんに関しても標準的な併用療法が
確立すると考えられます。

TS-1など、おもに日本でのみ使用されている
抗がん剤については、国際的に認められる臨床試験を
どのように行うかもひとつの課題となっています。

・・・

がんを、どうしたら治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、
代替療法を受ければ・・・

本当にがんは治せるのか?

詳しくはこちらのページで

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式