早期胃がんの補助化学療法(抗がん剤治療)


早期胃がんの補助化学療法(抗がん剤治療)

今のところ、手術単独の場合と
化学療法を併用した場合との間に、
有意な差は見られません。

欧米では胃がんの補助化学療法は
実験段階の治療と位置づけられており、
臨床試験以外で用いられることは、
ほとんどないといってよいでしょう。

日本では再発予防目的で、
マイトマイシンCの静注やフッ化ピリミジン薬
(フルオロウラシル、テガフールなど)の
経口投与を行う例が見られますが、
有用性が証明されないままで漫然と抗がん剤を
投与するのは無駄な治療であり、
医療経済的にみても望ましありません。

臨床試験の結果、奏効性のある補助化学療法が
見つかるまでは、早期胃がんの標準治療はあくまでも
「手術単独」と考えてよいはずです。


・・・

本当に、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、
代替療法を受ければ・・・

本当にがんは治せるのか?

詳しくはこちらのページで

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式