胃がん治療に使われる抗がん剤ティーエスワン(ts-1)の効果


胃がん治療に使われる抗がん剤
ティーエスワン(ts-1)の効果

ティーエスワン(ts-1)は、
3つの成分が配合されたカプセル剤です。

3種類の成分とは5-FU系の抗がん剤である
テガフール、2つめがテガフールの
副作用(下痢,吐き気など)を軽くする成分、
3つめがテガフールの効果を高める成分です。

こうすることでテガフールの効果が
よりいっそう期待でき副作用も抑えられる薬として
1999年から用いられるようになりました。
(日本で開発された薬です)

単独で用いた場合は10人のうち4人くらいで
がんの大きさが半分以下に縮小することが
期待できます。

朝夕食後に1日2回で4週間内服し
2週間休む方法が一般的な治療法です。

内服薬でありながら従来の点滴薬での
化学療法とほぼ同等と思われる治療効果が期待できることから
日本では胃がん治療で多く用いられる薬剤の1つです。

おもな副作用としては
食欲不振・吐き気・幅吐・下痢・口内炎・
体の皮膚が黒くなる(色素沈着)・皮膚の発疹・
手足先の肌荒れ・涙目・採血したときに
わかる副作用として白血球減少・貧血・血小板減少・
肝機能障害などがあります。

・・・

がんを、どうしたら治せるのか!?

がん治療の真実と、
治すための【5つのステップ】とは?

詳しくはこちらの無料レポート

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式