手術できない胃がんに対しては抗がん剤治療が第一選択に


手術できない胃がんに対しては抗がん剤治療が第一選択に

「胃癌治療ガイドライン」では、
手術不能がんには「化学療法は第一に考慮される治療である」
としています。

化学療法とは、抗がん剤による治療のことです

これは元気な状態を少しでも長く維持する
「延命効果」を目的に行うものです

がん病巣を縮小、あるいは現状を維持し、
症状を緩和して、QOLを維持することをねらいます。

海外での厳格な研究によれば、がん化学療法は
明らかに生存期間を延長することが証明されています。

化学療法は、抗がん薬フルオロウラシル(商品名・キマジン、5-FU) の
持続静脈注射が基本になります。

これに白金製剤のシスプラチン
(商品名・プラトシン、ブリプラチン、ランダ)との組み合わせ、
シスプラチンとイリノテカン(商品名・カンプ卜、トポテシン)
との組み合わせ、メトトレキサート(商品名・メソトレキセート)、
フルオロウラシル、ロイコボリンカルシウム(商品名・ロイコボリン)
との組み合わせなどによる併用療法が行われています。

近年では、新規開発の内服薬S-1(商品名・TS-1)の
効果が注目されています。

奏効率が高く、経口剤(カプセル)なので
在宅医療での外来化学療法ができることが特徴です。

S-1で治療を始め、効果が落ちできたら
ドセタキセル(商品名・タキソテール)とへ変更する
治療が増えています。


・・・

がんを、どうしたら治せるのか!?

がん治療の真実と、
治すための【5つのステップ】とは?

詳しくはこちらの無料レポート

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式