胃がんの標準的化学療法(抗がん剤治療)


胃がんの標準的化学療法(抗がん剤治療)

胃がんのステージ2、3で
完全にがんが取りきれたと思われる患者さんには、
再発予防のために『TSー1』という
内服の抗がん剤を使用するのが、
標準的な術後の再発予防治療となっています

再発した患者さんにはこの「TSー1」と
「シスプラチン」を併用、
さらに「イリノテカン」「ドセタキセル」
「パクリタキセル」などを使用することで
生存期間が延びてきています。

さらに現在、「分子標的薬」という
新規の抗がん剤の臨床開発が実施されています。

これまでの抗がん剤はがん細胞を破壊するが、
同時に正常細胞にもダメージを与えてしまっていました。

分子標的薬は、がん細胞増殖にかかわる分子だけを
狙い撃ちするよう工夫されています。

「トラスツズマブ(商品名ハーセプチン)」や
「ベバシズマブ(アバスチン)」はすでに
乳がん、大腸がんなどで、その効果が証明されており、
胃がんにおいてもその効果が期待されています。
(2010年現在、胃がんでは承認されていません)

・・・

がんを、どうしたら治せるのか!?

がん治療の真実と、
治すための【5つのステップ】とは?

詳しくはこちらの無料レポート

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式