胃がんにおける抗がん剤の投与方法と使われる薬


胃がんにおける抗がん剤の投与方法と使われる薬

胃がんに対しては、標準治療薬といえる
抗がん剤はありませんが、
フルオロウラシル系の薬がよく用いられます。

とりわけ日本で開発されたTS-1は
副作用が比較的少なく、単独でも高い奏効率
(がんが大きく縮小する割合)が報告されているため、
もっともよく利用されています。

・補助化学療法

2004年に改訂された「胃癌治療ガイドライン』は、
胃がんの標準的治療は手術のみとし、
補助化学療法は臨床試験として行うべきとしています。

しかし最近、進行がんに対する補助化学療法は
生存率を高めるとする臨床試験の結果が
いくつか報告されています。

使用する抗がん剤や投与法は確立していないものの、
日本では、UFTやTS-1(いずれも経口剤)の
連続投与がよく用いられます。

・・・

がんを、どうしたら治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、
代替療法を受ければ・・・

本当にがんは治せるのか?

詳しくはこちらのページで

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式