胃ガン標準手術後の5年生存率は?


胃ガン標準手術後の5年生存率は?

胃ガン再発のリスクは、手術時における
病理組織学的な病期(ステージ)によって決定されます。

ただし、公表されている病期別の生存率の多くは
全死亡症例を対象にしており、
胃ガン以外の病気による死亡者も含みます。

そのため、生存率が100パーセント、
すなわち一定期間内に誰も死なないという結果が
導き出されることはありません。

つまり、日本人のガンによる死亡者数が
全死亡者数の3分の1に近づき、
その中で胃ガンが多くを占めているとしても、
胃ガン手術を受けた患者のすべてが
胃ガンが原因で死亡するわけではないということです。

公表されている胃ガン手術後の
患者の5年生存率は、次の通りです

【胃ガン手術後の患者の5年生存率】


■病期(ステージ)1A=93パーセント

■病期(ステージ)1B=87パーセント

■病期(ステージ)2=68パーセント

■病期(ステージ)3A=50パーセント

■病期(ステージ)3B=30パーセント

■病期(ステージ)4=16パーセント


・・・

がんを、どうしたら治せるのか!?

がん治療の真実と、
治すための【5つのステップ】とは?

詳しくはこちらの無料レポート

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式