胃がん開腹手術後(標準手術後)の5年生存率


胃がん開腹手術後(標準手術後)の5年生存率

胃ガンの定型手術(開腹による胃の3分の2以上の切除、
および第2群リンパ節までを郭清)を行ったあと、
どのくらいの患者さんが生存できているのかを
調べたのが、以下のデータです

■定型手術後の5年生存率

ステージ1Aで治療したときの5年生存率は
93.4パーセントにのぼります。

ステージ2では75%前後に落ち、
ステージ3Aでは50・1パーセント、
ステージ4では16・6パーセントに激減しています。


・・・

がんを、どうしたら治せるのか!?

がん治療の真実と、
治すための【5つのステップ】とは?

詳しくはこちらの無料レポート

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式