胃がんの肝臓周辺への転移に対する治療方法とは?


胃がんの肝臓周辺への転移に対する治療方法とは?

胃がんを原因に、肝臓から十二指腸に至る
胆汁の通路(総胆管)の周囲の
リンパ節にガンが再発することもあります。

ガンによって総胆管が閉塞すると、
胆汁が肝臓内にたまってしまい、
閉塞性の黄痘を発症することがあります。

この場合は、胆管にカテーテルを通して、
胆汁を体外へ排出させる処置を行います。

肝臓に単独の再発ガンが発見され、
それが手術後かなり時間を経てから
生じたと認められた場合には、
肝切除(肝臓の部分的な切除)によって
延命を図ることが可能です。

肝臓内にいくつかの再発ガンが認められた場合も、
マイクロ波でガンを破壊する「マイクロ波凝固法」や、
ラジオ波でガンを焼く「ラジオ波焼灼法」、
あるいはガンを凍らせて破壊する「凍結療法」などによって、
ガンの成長を局所的に抑える治療を行うことがあります。


・・・

がんを、どうしたら治せるのか!?

がん治療の真実と、
治すための【5つのステップ】とは?

詳しくはこちらの無料レポート

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式