絶対絶命を生きぬく~スキルス胃がん余命3ヶ月から3年半


絶対絶命を生きぬく~スキルス胃がん余命3ヶ月から3年半

スキルス胃がんで余命3ヶ月と診断された山下さんは
4年になろうとする現在もお元気に美しく生活してらっしゃいます。
(残念ながら2011年7月31日、山下郁子さんは帰らぬ人となりました。
ご冥福をお祈りします。)

とても辛い抗がん剤の治療の合間に見せる弱みや涙は
闘ってきた人の本物で、それを廻りの人たちの助けを借りながらも
乗り越えていく強さに心うたれます。

告知をしないまんま胃がんで
逝ってしまった私の母に訊いてみたかったこと、
知りたかったことがこの本にはありました。

(Amazonレビューより)

■絶体絶命を生き抜く ―スキルス胃がん余命三カ月から三年半

余命3カ月と告知されたとき人はどう受け止めるか。

診断にとまどい、
揺れながらも最後にはファイティングポーズを構えてみせる。

命に期限を与えられたとき、
新たなスタートラインに立ったという著者のドキュメンタリーです。

絶体絶命を生き抜く ―スキルス胃がん余命三カ月から三年半
山下 郁子
書肆侃侃房
売り上げランキング: 291929


・・・

がんを、どうしたら治せるのか!?

がん治療の真実と、
治すための【5つのステップ】とは?

詳しくはこちらの無料レポート

がんを治すための「たった1つの条件」とは?