抗がん剤治療の目的


抗がん剤治療の目的

抗がん剤治療(化学療法)は代表的な全身療法で、
血液を通じて全身に薬をまわし、
各所にできている転移や、ミクロのレベルで潜んでいる
目に見えないがんを攻撃します。

白血病や悪性リンパ腫、男性の睾丸にできる精巣がんなど、
抗がん剤がよく効く特殊ながんに関しては治癒的な力を持っています。

しかし、それ以外のがんに関しては、
あくまでがん細胞の活動を抑える作用しかなく、
完全にがんを消すことはできません。

医学の現状としては、抗がん剤治療は通常はがんを縮小させて
病気の進行を遅らせ、延命や症状を緩和するための治療となります。

・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、
代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを治すための「たった1つの条件」とは?




----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式