西洋医学における癌治療「切除手術」とは?


西洋医学における癌治療の三大療法のひとつが
「手術」による癌腫瘍の摘出です


それは、どのような特徴を持つのでしょうか。


まず、手術は初期のガンに対しては非常に有効です。
とくに子宮ガン、乳ガンなどに対しては
高い効果があります。

ただし、2期や3期のガン、転移がある場合の手術は
どれだけ効果があるか疑問の残るところです。

また、ガンがあちこちに転移している4期になれば
手術はできません。

さらには、もともと手術のできないガンもたくさんあります。
たとえば白血病、悪性リンパ腫、皮膚ガンなどです。

また手術をするのはいいとしても、
術後の後遺症が大きかったり、
あるいは手術によってガン細胞を刺激してしまい、
転移を生じやすくする可能性も否定できないのです。


がんを治すための「たった1つの条件」とは?




----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式