癌治療の方法・・・放射線療法とは?


癌の放射線療法は、肺ガン、乳ガン、子宮ガン、
脳腫揚などのガンに対しては非常に有効です

しかし、抗ガン剤同様、
すべてのガンに有効ではありません。

たとえば、胃ガンや肝臓ガン、勝臓ガンなどには使えません。
放射線を照射することによって
近隣の臓器が破壊されてしまうからです。

また、放射線療法にも副作用があります。
抗ガン剤に比べるとまだ少ないとはいえますが、
倦怠感、食欲不振などの症状が現れます。

また放射線療法によって、
一時的にガンが消えても、
しばらくすると再発するケースなども見られます。



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式