がん治療における小康状態とは


がん治療における小康状態とは

小康状態というのは、悪化しつつある病状が落ち着き、
ひとまず足踏み状態になっていることを指します。

ただし、これはいつまた、
悪化の方向へ速度を増して進んでいくかわからないわけで、
決して安心できるものではありません。

小康状態というと、病状が好転して
完治の方向へ向かう兆候かと思う人もいるようですが、
それは正しい認識ではありません。

特に、末期がんの患者さんの病状の変化のなかで
出てくる小康状態というのは、
一時的な安定にすぎず、
やがて、最期のときに向かって
ふたたび病状が悪化することがほとんどです。


・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、
代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを治すための「たった1つの条件」とは?




----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式