ガン治療は免疫細胞とガン細胞の闘い


ガン治療は免疫細胞とガン細胞との
闘いだといえると思います

ガン細砲の勢いが免疫機能より強いと
免疫細胞は弱体化し、ガン細胞は増殖していきます。

つまり免疫機能とガン細胞の力関係で、
ガンになるかならないか、ガンが増殖するか
治っていくかが決まるのです。

ガンにかかった患者さんは、
たいてい大きなストレスを受けています。

免疫はストレスの影響を強く受け、
過剰なストレスにさらされると免疫の働きが低下します。

その状態が長く続いたり、
あまりにも強いストレスがかかると、
免疫力は一気に低下し、
ガン細胞が勢いを伸ばしてしまうのです。

ですから、下がった免疫力を上げてやれば、
ガンの増殖を抑えたり、
退縮、消滅に至らせることができるのです。

がん治療で「絶対に」やってはいけないことは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式