がん治療における転院について


がん治療における転院について

病院を替わることはいっこうにかまいません。

納得できない治療方針、あるいは医師の姿勢であれば、
納得できる医療機関に変更するのは自然なことです。

ただし、できるならば治療を受ける前に替わるべきです。

治療を受けてしまってからでは治療に一貫性がなくなり、
いくらよい病院に行っても最適の治療を
受けられなくなる恐れがあります。

ですから、まずはじめに担当の医師とよく相談をすることです。

そして、自分の病気、病状に対し、
もっとも適切な治療を行ないうる
医療設備のある病院を紹介してもらう、
あるいは調べることが重要です。

治療を行なったあとでも病院を替えることは可能ですが、
その場合最善の治療を行なえるかどうかはわかりません。

そうしたことをよく確認する必要があります。


・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、
代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを治すための「たった1つの条件」とは?




----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式