がんにおける「余命」はどういう基準で判断されるのか


がんにおける「余命」はどういう基準で判断されるのか

テレビドラマなどでもよく見られますが、
患者さんが医師に対して
「あと、どのくらいですか」と聞いたことに対して、
医師が「半年から1年くらいだと思ってください」
ということがあります。

しかし、実は、この質問は医師にとっては
答えるのがとても困難なことです。

なぜならば、正確な予想などできるはずもないからです。

患者には予想とは大きく異なる
病状の経過をたどる人がいるからです。

予想を上回るスピードで悪化する患者さんもいるし、
逆に予想を上回るほど長く生きる人もいますし、
完治は無理と思われた患者さんであっても
5年生存をクリアする人もいます。

では、この「余命何年」などというのは
どこから出てくるかというと、
要するに平均的な数値ということができます。

生存曲線というものがあり、
これは、手術後の患者の生存者数を
5年にわたって調べ統計をとり、
それをグラフとして表わしたものなのですが、
それに基づいて判断しているようです。

ただし、患者にはそれぞれ異なった状況があるわけで、
すべての状況に対して生存曲線のデータが
あるわけではありませんので、
結局医師は経験的な判断で伝えるにすぎません。

・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、
代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを治すための「たった1つの条件」とは?




----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式