がんのターミナルケアとは?


がんのターミナルケアとは?

ターミナルケアとは、終末期の医療のことです。

がん患者さんが人生の最期を迎えるときに
どのようにしたらよいかを、
本人が意識のあるうちに相談をしておくことは重要です。

目の前にある状況を乗り越えれば
治癒の可能性があるという場合には、
人工呼吸器、心臓マッサージ、蘇生のための薬剤の投与など、
あらゆる方法を使って生命を維持しようとしますが、
がんの末期でいずれは死が訪れることは避けられない場合には、
何が何でも生命を維持しようとすることに関しては、
否定的な考えも多くあります。

患者さん自身の苦痛を考えるときに、
たとえば、心臓が動いているから無理やり
人工呼吸器で空気を押しこんで延命するなどという方法は、
周囲の家族が見ていてもつらいものがあります。

いずれにしても、ターミナルケアの第一は症状緩和です。

痛みを和らげること、息苦しければ酸素を投与し、
喀痰が多ければこれを頻繁に吸引してあげることです。

多少意識を落とすような治療でも
本人の苦痛を取り除くためには必要です。

・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、
代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを治すための「たった1つの条件」とは?




----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式