がんの余命宣告の根拠とは?


がんの余命宣告の根拠とは?

よく、「余命2年と宣告されたが、3年経った今も生きている」
といった話を聞きます。

そもそも余命とはどういう根拠で告げられるのでしょうか。

余命の告知に関しては、医師によって対応は様々です。

そもそも、同じ臓器のがんであっても、
年齢や体力などの個人差もありますし、
治療法が違えば結果が違ってくるのも当然です。

にも関わらず余命何年と言えるということは、
これはあくまでも過去のデータを元にした
平均値ということになります。

また、余命2年と言われたのに3年間生きた、という場合と、
余命4年と言われたのに3年間しか生きられなかった、
という場合では、同じ3年間生きたにもかかわらず、
家族の印象は大きく違ってきます。

ゆえに、医師によっては、
「余命は最悪の場合を考えて短めに宣告する」
という人もいるようです。

結局、余命は医師にも本人にも、
正確には誰にも分かることではないということだといえます。

・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、
代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がん治療で「絶対に」やってはいけないことは?




----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式