がんの臨床試験とは

「臨床試験」とは、開発中の治療法に対して、患者さんに被験者になってもらい、安全性や有効性を検討するものです。国から「薬」としての承認を受けるために実施される試験を「治験」といい、これも臨床試験に含まれます。

がんの治療法は、まだ手探りの段階にあることが少なくありません。確立されている標準治療法の数が少なかったり、確立されていても治療効果が乏しかったりする進行がんや再発がんに対しては特に、新しい治療法が積極的に試みられています。臨床試験が行われることは、がん治療の分野の中ではたいへん重要といえるでしょう。

臨床試験というと、「人体実験」のようなネガティブなイメージを持つ人も少なくありません。しかし、現実にはまったく違い、しっかりした対応がなされています。

科学的根拠をもとにした試験内容や実施手順が明確になっており、受ける患者さんに対して、臨床試験の内容、進め方、メリットやリスクについて、必ず説明し、同意を得ることが大前提とされています。

参加を強制することはいっさいなく、臨床試験を始めてから気持ちが変わったら、途中でやめることもできます。

臨床試験は、対象施設でないと実施できず、対象となる患者さんの条件(過去の治療内容、年齢、性別、体力があるかどうかなど)も厳密に決まっています。

その条件に当てはまる人が、主治医から「臨床試験を受けてみてはいかがですか?」と言われるのが一般的です。もし、自分から受けてみたいと思ったら、対象となりうる臨床試験があるか聞いてみるのもよいでしょう。

■自己負担はどのくらい?必ず事前に確認を

臨床試験の多くは、健康保険の範囲内で行い、特別な補助金などはないのが通常です。一方、新薬開発を目的とした治験で行われる薬代や検査費用は、製薬メーカーが負担し、被験者は負担しないことが多くあります。

ただし、試験内容や施設によって違うので、臨床試験を受ける前に、必ず費用については確認しておきましょう。

■臨床試験に参加するメリットとデメリット

<メリット>

・まだ広く行われていない、最新の治療が受けられる
・常に体の状態をチェックしてもらえる
・同じ病気で苦しんでいる患者さんに役立つことになり、社会貢献にもなる
・自己負担費用は少ないか、負担なし(治験)

<デメリット>

・医師も考えつかなかった副作用などがあるかも
・通常の診察や検査の回数が多くなり、通院回数が増える
・確立された治療法より効果が劣る可能性も


・・・

がん治療に悩んだら・・・

「がん治療のガイドブック」を無料でプレゼントしています。

詳しくはこちら

がん治療で「絶対に」やってはいけないことは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式