豊橋・生と死を考える会(ラムズイヤーグループ)|ホスピスの会(愛知県)


豊橋・生と死を考える会(ラムズイヤーグループ)|ホスピスの会

■住所:愛知県豊橋市北側町3-4
■電話:0532-31-4032

■会の設立の由来と活動の目的

1994年、津島禎久氏による
英国ホスピス写真展開催をスタートに
「豊橋ホスピスを考える会」として発足し、
講演会活動や豊橋市にホスピス設置を願い
署名活動を行ってきましたが、
終末期医療(緩和医療)だけでなく
「よりよく生きること」
「在宅医療」についても学びを深めたいと、
2002年に「豊橋・生と死を考える会」として独立。

この4年余、コミュニティーでの
ホスピスマインドの広がりを大切にして、
勉強会、見学会、講演会、
ボランテイア活動等を行っている。


■その他/特徴的な活動など

・講演会、勉強会企画
・死別体験者の会
・デイケア訪問、緩和ケア病棟でのティーサービス
・病院受付案内
・バザー など


[設立年] 1994年 [代表者] 田中史佳 [会員数] 約50名
[会費] 2,000円/年 [会報]「ラムズイヤ一通信」


・・・


どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、
代替療法を受ければ・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式