癌の漢方薬「天仙液」とは?その効果と評判

天仙液

天仙液は米国FDA(アメリカ食品医薬品局)で
初めて認められた漢方抗ガン剤です。

アメリカだけでなく、ヨーロッパ諸国でも
続々認可されており、漢方抗ガン剤として
世界では非常によく知られた存在です。

天仙液は、王振国という人が開発し、
1982年、錠剤として中国で認可を受け、
1991年に液体に改良されました。

日本でも現在2万人が使っているといわれます。

ある研究所のデータでは、
天仙液を使った数百人のうち、
30%のガン患者のガンを消失させ、
80%の方に有効性が認められたという記録があるそうです。

天仙液にはいくつかの種類があり、
現在日本で入手できるのは「2代目天仙液」です

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式