肝臓がんに効く・肝臓がんにサプリメント「ビール酵母」

ビール酵母は、ビタミンB群を中心とした
ビタミンの宝庫といわれています。

特にビタミンB2、B6、パントテン酸、ビタミンL2は
酵母から発見され、存在が知られるようになったものです。

その他に、ビタミンB1、B12、ニコチン酸、
葉酸、ビオチン、コリンといった成分も
大量に含まれています。

また、ビール酵母は肉体をつくる蛋白質のもとになる
必須アミノ酸をすべて理想的なバランスで合んでいます。

生命活動には欠かすことのできないミネラルも、揃っていて、
リン、カリウム、マグネシウム、カルシウム、鉄、
ナトリウム、などが豊富に含まれています。

さらに、細胞が新しく生まれ変わる際に
欠くことのできない核酸もビール酵母には多く含まれています。

そして、ビール酵母の治癒力が
最も劇的に発揮されるのは、肝臓に関わる疾患です。

肝臓は、一瞬の休みもなく働きつづけるだけに、
傷むのも早く、常に新しい必須アミノ酸と核酸などによって、
自らを修復、再生させながら活動しています。

しかし肝臓は、バランスのとれた栄養が不足することが
数週間も続くと、それだけで急速な肝障害に陥る危険性があるのです。

肝臓の一部に壊死が起こってくる可能性もあります。

ビール酵母はその栄養バランスの絶妙さで、
その危機を未然に防いでくれるものです。

肝臓に最もダメージを与える、
肝臓がんに対しても、改善効果を発揮すると
いわれています。

・・・

がんを、どうしたら治せるのか!?

がん治療の真実と、
治すための【5つのステップ】とは?

詳しくはこちらの無料レポート

がん治療で「絶対に」やってはいけないことは?