肝臓がんの闘病記「悲しみは突然の雨のように」

38歳の若さで、肝細胞ガンで逝った最愛の夫。

闘病と看護の記録、別れ、失意の日々、
子どもたちのこと、一周忌を迎えるまでを綴り、
なによりも大切なのは命、
生きているというその事実であると訴える。


■「悲しみは突然の雨のように」

悲しみは突然の雨のように...
神子田 尚子
文芸社
売り上げランキング: 646652


・・・

がんを、どうしたら治せるのか!?

がん治療の真実と、
治すための【5つのステップ】とは?

詳しくはこちらの無料レポート

がん治療で「絶対に」やってはいけないことは?