胆道がんの原因と症状・治療法の全体像

■肝臓と小腸をつなぐ間の道にできる

胆道は大きく分けて、胆汁が流れる胆管と、
胆管の途中で胆汁を一時的に蓄えておく胆嚢とがあり、
それぞれの部位に発生する胆管がんと胆嚢がんを
あわせて胆道がんと呼んでいます。

胆管や胆嚢内側の粘膜から発生し、
徐々に周囲へと浸潤していくタイプや、
腫瘍が盛り上がるように大きくなっていくタイプがあります。

胆管がんは、原発性硬化性胆管炎、総胆管嚢胞、
慢性潰瘍性大腸炎などの疾患や、
寄生虫による肝吸虫症などが、
危険因子と考えられています。

胆嚢がんは、女性のほうが、発生リスクが高くなります。

胆道は腹部の深い部分に位置する臓器のため、
がんが発生しても早期発見が難しく、
健康診断などでがんが小さいうちに発見するのは
困難とされています。

■症状:黄疸や腹部の痛みに注意

胆嚢がんは、早期にはほとんど症状が現れません。

進行すると、上腹部の痛み、腹部の膨満感やしこり、
吐き気、発熱、黄疸(皮膚や白眼が黄色くなる)などの
症状が現れますが、ほかの多くの病気と
症状が似ているため診断が難しくなっています。

胆管がんの場合は、黄疸や、腹部の痛み、
皮膚のかゆみ、発熱などが現れます。

■診断:内視鏡によるX線撮影検査

胆道がんの発見と診断には、
超音波検査、CTスキャン、MRI、肝機能検査のほか、
血清腫瘍マーカー測定、経皮経肝胆道造影
(肝臓と胆管をX線で撮影する方法、PTCと呼ばれる)や、
内視鏡的逆行性膵胆管造影(肝臓から胆嚢へつながる胆管と、
胆嚢から小腸へつながる胆管をX線で撮影する方法、
ERCPと呼ばれる)などが用いられます。

これらの検査と同時に生検が行われる場合もあります。

■治療法:まず切除可能かの判断を

0~Ⅰ期は手術で根治も可能ですが、
その段階で見つかることはほとんどありません。

多くはⅢ期以上で発見され、すでに切除不能の多いため、
手術できる率は高くありません。

胆嚢がんは、早期であれば、
胆嚢や周辺組織の一部を切除する手術を行います。

広がっていて摘出が不可能な場合には、
胆汁を排出させる緩和手術を行うこともあります。

胆嚢あるいは胆管を直接小腸につなげる胆道バイパス術や、
腫瘍でふさがれた胆管に管を入れる
内視鏡的ステント留置術などです。

放射線療法や化学療法も用いられます。

胆管がんは、周囲に広がってから発見されるのが普通で、
切除できるケースは少ないといえます。

切除が不可能な場合には、
緩和療法としての手術と、
放射線療法とを組み合わせて治療を行います。

・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、
代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで