群馬県済生会前橋病院|白血病の名医・有名病院


血液がんの名医・有名病院
群馬県済生会前橋病院
宮脇修一医師

■住所

群馬県前橋市上新田町564-1

■実績・成績

2006年~07年白血病新患数108例(センタ一)。
06年血液疾患症例数371例(センター)。

内訳は白血病141例、リンパ腫26例、骨髄腫14例、
骨髄異形成症候群42例ほか。
移植数28例(センター)。

■治療の方針と詳細

同センター長が主に治療を行っている急性骨髄性白血病は、
化学療法と支持療法の進歩によって治療成績はあがり、
治癒が見込める疾患となった。

寛解率も70~80%、長期生存率も30~40%と
以前に比べて向上をみせている。

予後不良と考えられる場合は造血幹細胞移植も実施しているが、
患者に優しいQOLを重視した治療。

「右手に化学療法、左手に移植」の志で
どうしても治療が困難な場合だけ、
移植を考えるようにしている。

対面ではなく、横並びでの診察や
看護師長、患者と3人でミーテイングを行い、
悩み、相談などを気軽に話してもらえる環境づくりなど、
心の面で治療していくことも大切にしている。


・・・

がんを、どうしたら治せるのか!?

がん治療の真実と、
治すための【5つのステップ】とは?

詳しくはこちらの無料レポート

がんを治すための「たった1つの条件」とは?




----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式